『猫の恩返し』をまた見返したくなる名言と有名俳優の秘話とあらすじ

知ってるようで実は知らない『猫の恩返し』の名言と秘話。知ってると『猫の恩返し』を見た時も人生も何倍も楽しくなります。

 

あらすじ

女子高生「吉岡ハル」は、ある日トラックに轢かれそうになった猫を助ける。実は、その猫は「猫の国」の王子「ルーン」だった。
翌日、猫の国の使者「ナトル」から猫の国に招待される。そして、「猫の国の王」猫王が「ハル」をルーンのお妃にしようとしている事を告げる。

「ハル」がパニックってると「猫の事務所を探して。」と不思議な声が聞こえてくる。学校の帰り、「ハル」は白い大きな猫「ムタ」にであい、猫の事務所に導かれる。猫の事務所で猫の男爵「バロン」に出会う。猫の事務所で「ハル」は「ナトリ」率いる猫の軍団に連れ去られ猫の姿に変えられる。「バロン」は「ハル」を救うために「猫の国」に向かう。

登場人物

吉岡 ハル(よしおか ハル)

猫と話せる能力をもっている

バロン 本名:フンベルト・フォン・ジッキンゲン

猫の事務所の所長

ムタ 本名:ルナルド・ムーン

バロンの仲間。口が悪く短気だが男気がある。

トト

ムタとバロンの仲間のカラス

ルーン

猫の国の王子

ユキ

白い猫 ルーンの恋人

猫王

猫の国の王様

ナトリ

猫王の第一秘書

ナトル

猫王の第二秘書

猫の恩返しの秘話

『君の名は。』の受け継がれる『猫の恩返し』のジブリの遺伝子

『猫の恩返し』で作画監督補をしていた稲村武志さんが『君の名は。』原画スタッフをしています。

稲村武志:『千と千尋の神隠し』『ハウルと動く城』『もののけ姫』などにも参加しています。

「水曜どうでしょう」メンバーが声優として登場していた

大泉洋さんは、漢文の授業をしていた教師役

「水曜どうでしょう」のミスターこと鈴井貴之さんは猫のコック

安田さんこと安田顕さんはハルが片想いしている同級生・町田の声

「勇者ヨシヒコの冒険」の「山田孝之」も声優として出演

「山田孝之」も猫の王子「ルーン」役の声優として出演。

英語版「猫の恩返し」では、アン・ハサウェイが声優 吉岡ハルの英語版の俳優はアン・ハサウェイ

バロンは「耳をすませば」にも出演していた

『耳をすませば』の主人公「月島雫」が古道具屋「地球屋」に置かれた猫の人形として「バロン」は出演している。

「猫の恩返し」は「宮崎駿」のリクエストがなければ生まれなかった

映画の原作の『バロン 猫の男爵』は「宮崎駿監督」が『耳をすませば』の作者「柊あおい」にリクエストをして生まれた。

監督の森田宏幸さんは実は少女漫画嫌いだった

『猫の恩返し』(ねこのおんがえし)は、森田宏幸監督によるスタジオジブリのアニメーション映画である。

「森田宏幸」監督は「猫の恩返し」を作る前までは、まったく少女漫画が理解できなかった。

監督は宮崎駿さんがするかもしれなかった

宮崎駿監督は当初探偵物で「柊あおい」にリクエストをしていたができあがったものが探偵物じゃなかったので企画を降りた。

猫の恩返しの名言

人が持つ思いや願い、そういうものを込めてつくられたものには
いつしか心が宿る。私や彼のようにね

バロンの台詞

出典:映画「猫の恩返し」

私、間違ってなんかいなかった
猫を助けたことも、迷って苦しんだことも、
みんな大切な自分の時間だったんだ

ハルの台詞

出典:映画「猫の恩返し」

 

君がどうすればしっかりと自分の時間を生きられるか考えよう。
それさえできれば何も恐れることはないのだからね。

バロンの台詞

出典:映画「猫の恩返し」

猫になっても、いいんじゃないッ?

映画キャッチコピー

出典:映画「猫の恩返し」

ジブリパークで猫の恩返しのアトラクション

2020年オープンの話が出ているジブリパークでは猫の恩返しははどんなアトラクションとなるのでしょうか。