【暑い夏の暑さ対策】夏フェスやアウトドア(外)で自力で涼しくする方法

夏フェスやバーべQやキャンプなどアウトドアで遊ぶ機会が増えていきます。アウトドアは楽しいのですが、暑い!熱中症などになって体調を崩してしまってはせっかくの楽しい時間も台無しになってしまいます。

自力で涼しくする方法

外では、クーラーなどで体を冷やすことができません。そのため自力で涼しくするしかないのです。自力で涼しくする方法を紹介します。

気化熱を使って涼しくする裏技

  1. 霧吹きを用意する
    水がでればいいので百円ショップで売っているもので大丈夫です。
  2. 涼しくしたい場所に霧吹きで水を掛ける
  3. 霧吹きで水を掛けた場所をうちわで扇ぐ
  4. これで涼しくなります

気化熱とは

ちなみに気化熱とは水などの液体が蒸発する時に周りの熱を奪うことです。霧吹きで水を吹きかけた部分は気化熱によって冷えます。

気化熱を使った裏技の応用編① ピンポイント冷却

  1. 首・脇・太ももの付け根に霧吹きで水をかける
  2. 霧吹きで水をかけた場所をうちわで扇ぐ
  3. これで基本編より涼しくなります

注意点

首の後ろを冷やしすぎるのは危険です。首の後ろには脳につながる血管が集まっているので首の後ろの血管を冷やしすぎないように気をつけましょう。

気化熱を使った裏技の上級編 アイテムで冷却

クールコアタオルで冷却

  1. 首にクールコアタオルを巻く
  2. クールコアタオルを巻いた場所をうちわで扇ぐ
  3. クールコアタオルで脇・太ももの付け根を拭き湿らせ、うちわで扇ぐ
  4. これで相当涼しくなる

太陽の光を直接受けないようにする(帽子・日傘・日陰)

太陽の光を直接受けないようにすることで、体温の上昇を防ぐことができます。

極力日陰に入ることや帽子や日傘などで太陽の光を直接受けないようにしましょう。

効果的な冷やし方

冷たい飲み物を飲んだり、体全体を冷やすのもいいのですが、効果が継続しなく一時的に終わってしまいます。効果的に冷やす方法を知ることで快適にアウトドアを楽しむことができます。

リンパが集まる部分をピンポイントで冷やすと体温が下がるようです

首・脇・太ももの付け根にはリンパが集まっており、冷やすと体温が下がるようです。

疲れないで冷やす裏技 冷却ジェル

うちわで扇ぐと涼しいのですが、めんどくさいのと疲れてしまいます。疲れないで効率的に冷やす方法として冷却ジェルなどを使う方法があります。

ピンポイントで冷やす わきアイス

脇をピンポインで冷やすことで、体全体の体温をさげます。

気化熱を使った裏技の上級編 メカで冷却

コードレス扇風機(サーキュレーター)で冷やす

  1. 首にクールコアタオルを巻く
  2. クールコアタオルを巻いた場所に扇風機の風をあてる
  3. これで相当涼しくなる

 

自力で涼しくする方法 神編

水鉄砲で遊びながら涼しくする

水鉄砲を掛け合って遊びながら涼しくする。

水風船で遊びながら涼しくする

水風船を投げ合って遊びながら涼しくする。

 

アイスバケツチャレンジ

ALS(筋萎縮性側索硬化症)を広く認知して頂くために100ドルを寄付するか、バケツに入った氷水を被るか?の”アイスバケツチャレンジ”。体を冷やして病気の認知にも貢献できます。

ALSアイスバケツチャレンジ(秋元康) / AKB48[公式]

まとめ

自力で体を冷やす方法を紹介しました。紹介した体を冷やす方法は体の暑さを解消する方法で決して体調を保つ方法ではありません。暑さ対策や体調管理は自分自身の責任で必ず行いましょう。帽子を被って直射日光を避けたり、適度の水分や塩分を必ず取るようにして体調を管理し、楽しいアウトドアライフをおくりましょう。