『君の名は。』までの全新海作品の、あまりにも名作すぎるキャッチコピーに心震える

『君の名は。』までの全新海作品のキャッチコピーがあまりにも名作すぎるて心震えます。

映画『君の名は。』のキャッチコピー「まだ会ったことのない君を、探している」。映画『君の名は。』を見終わった時にキャッチコピー意味に気付きに、作品をより深く理解できました。新海誠監督のデビュー作の作品のキャッチコピーに興味がでてきたので、幻のデビュー作といわれている「彼女と彼女の猫」から『君の名は。』までの新海監督の全作品のキャッチコピーを調べてみました。

新海誠監督作品のキャッチコピー一覧

それでは、キャッチコピーをご覧になってもらいましょう。

幻のデビュー作「彼女と彼女の猫」のキャッチコピー

「僕も、それからたぶん彼女も、この世界のことを好きだと思う。」

 

「ほしのこえ」のキャッチコピー

「私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。」

 

「雲のむこう、約束の場所」のキャッチコピー

「あの遠い日に僕たちは、かなえられない約束をした」

 

「秒速5センチメートル」のキャッチコピー

「どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか」

 

「星を追う子ども」のキャッチコピー

「それは、さよならを言うための旅」

 

「言の葉の庭」のキャッチコピー

「愛よりも昔、孤悲のものがたり」

 

「君の名は。」のキャッチコピー

「まだ会ったことのない君を、探している」

「君の名は」中国語のキャッチコピー

 夢裡相逢人不見, 若知是夢何需醒。
縱然夢裡常幽會,怎比真如見一回?

訳者不明 中国語

いかがでしょうか?一度作品を見てキャッチコピーを見直してみるとキャッチコピー頭の中にスーと入ってきて意味がわかってきます。そして、作品を何度も見直していくとキャッチコピーが自分の中で生きていき深みを増してきます。二郎系や家系や天下一品のラーメン屋の壁に描いてある「何度も食べるとハマる」といった感じでキャッチコピーが自分の中で生きてきます。