【千と千尋】名場面おむすびのシーンで千尋はなぜ号泣したのか?考察

「千と千尋」の名場面おむすびのシーンとは

千と千尋の神隠しの物語では、千尋は豚にされた「父親」と「母親」を救うためにお湯屋で自分から働く事を決めた。

そして、千尋は名前を奪われ「お湯屋」で働いていたが、時間が経つにつれて日々の仕事の忙しさから「父親」と「母親」を救う事を忘れてしまっていた。ハクは、千尋に豚となった「父親」と「母親」と対面させハクはおむすびを渡します。おむすびを渡す時に「千尋の元気が出るようにまじないをかけて作ったんだ お食べ」と渡すが、これは千尋におむすびを食べさすためにハクがついた優しい嘘でしょう。実際は、普通のおにぎりだと思います。

おむすびを食べて千尋はなぜ泣いたのか?

千尋は湯屋で働く前は、親の手伝いもした事のないであろうどちらかというとぼーっとした10歳の小学生でした。その千尋が生まれて初めて親を救うために戦い続けていた。その千尋の張り詰めた気持ちをハクのやさしさの込められたおむすびが解き放った。世界と自分が結ばれたと感じた瞬間だった。世界と自分が結ば(ムスバ)れたと感じたからこそ食べ物の味が美味しいと感じ涙が止まらなかったのでしょう。