「星野源」の朝ドラ出演「ゲゲゲの女房」の登場回は何話?動画の見方も1分で解説

星野源さんが朝ドラ「半分、青い。」の主題歌の「アイデア」を歌い話題になりましたが、星野源さんは実は主題歌を歌う前に朝ドラに出演しています。出演作は「ゲゲゲの女房」です。気になる星野源さんの登場回が何話かを紹介します。

「星野源」が朝ドラ出演「ゲゲゲの女房」の登場回(出演回)は何話?

星野源さんの「ゲゲゲの女房」の登場回は7話(2週目)から120話(20週目)までに何度か登場します。

その後、131話(22週)に回想シーンで登場します。

「星野源」が朝ドラ出演「ゲゲゲの女房」の動画の見方

星野源さんの出演する「ゲゲゲの女房」の動画はAmazonプライムで見ることができます。

以上、1分もかからず理解できたと思います。

「星野源」が「ゲゲゲの女房」で演じた役は?

ここからは「ゲゲゲの女房」での星野源さんの役柄が理解できる情報をお伝えします。

星野源さんが「ゲゲゲの女房」で演じた役は松下奈緒(まつしたなお)さん演じる主人公の村井布美枝(旧姓:飯田)の弟役です。

星野源さんの役名は飯田貴司です。後に婿入りして及川貴司となります。

星野源さん演じる貴司は飯田家の4姉妹の中でも松下奈緒さん演じる布美枝と最も仲良し。そして貴司の性格も布美枝に似ていて温厚で人当たりが柔らかいほんわかとした性格。

家業の手伝いがきっかけで、ミシン販売店の跡継ぎ娘の及川満智子と交際していた。しかし、貴司の知らない間に、二人の交際を知らない父親が貴司に店を持たせて分家独立させようとする。恋人と父親の板ばさみで思い悩む貴司だが、その後、帰省中の布美枝のアドバイスもあり、満智子との結婚を選び婿入りした。

その後の展開でなぜ131話の回想シーンに登場するのかがわかりますが、ネタバレになるので割愛します。

「星野源」の「ゲゲゲの女房」登場回は何話かのまとめ

  • 星野源さんの「ゲゲゲの女房」の登場回は7話から120話までに何度か登場します。
  • その後、131話(22週)に回想シーンで登場します。
  • ゲゲゲの女房の動画はAmazonプライムで見ることができます。