ジブリ美術館以外にも吉祥寺のジブリを感じれる観光名所・聖地

三鷹の森ジブリ美術館周辺の吉祥寺、三鷹のジブリの世界を感じれる観光名所を紹介します。

三鷹ジブリの森美術館

ジブリの作品の魅力、世界観がぎゅっとつまった「三鷹ジブリの森美術館」。ジブリ好きは毎日通っても飽きません。

施設名三鷹ジブリの森美術館
住所
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1丁目1−83
地図

ホームページ

三鷹の森ジブリ美術館
三鷹の森ジブリ美術館の公式サイトです。『迷子になろうよ、いっしょに。』をキャッチコピーにした不思議な美術館です。入場券は日時指定の予約制。

千と千尋の神隠しの世界を感じれる「ハモニカ横丁」

千尋の家族がお湯屋に迷いこんだ横丁。千尋の両親はあまりにも料理が美味しそうで思わず食べてしまいました。

ハモニカ横丁も吉祥寺や東京を代表する美味しいお店が並んでいます。

始めてきた人も一緒に食べたり飲んだりできるアットホームな雰囲気もあります。

迷い混むんで美味しいご飯とお酒いつの間にか朝になっているという「大人の千と千尋の神隠し」にあった人も少なくないです。

施設名ハモニカ横丁
住所
 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目-1
地図

 

トトロのシュークリーム「白髭(しろひげ)のシュークリーム工房」

2018年10月吉祥寺にトトロのシュークリームの「白髭(しろひげ)のシュークリーム工房」の新店舗できました。

 

ホームページ

白髭(しろひげ)のシュークリーム工房
トトロのシュークリームだけを販売するお店です。作るのが大変でたくさんは製造できませんが、小さな工房で毎日毎日ていねいに心をこめて焼き上げます。

「猫の恩返し」が感じれる吉祥寺プティット村

「猫の恩返し」が感じれる吉祥寺プティット村。入口をくぐるとそこには絵本に入り込んだようなメルヘンの世界が広がっています。

猫カフェもあり、ジブリ好きだけじゃなく猫好きも楽しめます。

「耳をすませば」のカントリーロード

中道通と大正通りをつなぐ路地の名前がカントリーロードです。

「カントリーロード」は耳をすませばの主題歌です。

主人公の月島雫が原曲の英語曲を日本語に翻訳して練習する曲が「カントリーロード」です。

「もののけ姫」を彷彿させる井の頭公園

三鷹ジブリの森美術館のある「井の頭公園」。井の頭公園の中には舗装されてない森の中を歩くできるルートがあります。

もののけ姫に登場するような自然を堪能することができます。

となりのトトロのネコバスが感じれる「風の散歩道」

三鷹から三鷹ジブリの森美術館に千川上水沿いを徒歩で歩くルートが「風の散歩道」と名付けられています。

となりのトトロに登場するネコバスは風の神様(風のお化け)です。

風の散歩道は夏でも川沿いに吹く風を感じます。となりのトトロのラストシーンのような素敵なネコバスの風が感じることができるかもしれません。

となりのトトロを感じれる「千川上水」

となりのトトロのサツキとメイの家の前には小川が流れています。

三鷹駅から風の散歩道に流れる千川上水は

三鷹ジブリの森美術館までトトロが案内する「トトロの案内板」

三鷹ジブリの森美術館までトトロの案内板が案内してくれます。

三鷹ジブリの森美術館行きのトトロバス

三鷹から三鷹ジブリの森美術館行きのバスが出ています。

井の頭動物園水生館

三鷹のジブリの森美術館のミニシアター「映像展示室 土星座」で上映される「水グモもんもん」のモデルとなった水グモが井の頭動物園の水生館に展示されています。

水生館は動物園とは別の場所にあります。井の頭動物園の池の橋の真ん中に入り口があります。

夏休みの自由研究にもいいですね。

井の頭動物園

井の頭動物園内には穴の空いた大木などトトロを彷彿させる自然もあります。

借り暮しのアリエッティの舞台となった野川

借り暮しのアリエッティの舞台となった野川があります。