「星野源」出演NHK大河ドラマ『いだてん』の動画の見逃し配信(1話~),無料視聴,総集編,あらすじが1分でわかる

クドカン(工藤官九郎)さんが脚本の2019年の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」が放送中です。

「いだてん」を見逃してしまった方、安心してください。

「いだてん」の再放送や見逃し動画を見る方法を紹介します。
朝ドラ「いだてん」を見逃した場合、再放送は当日の昼0時45分から放送されます。
見逃し動画はU-NEXTで見ることができます。ピエール瀧さん出演回は配信停止になる可能性が高いです。U-NEXTページを確認ください。
動画の無料視聴もU-NEXTで最大31日間無料トライアル期間で見ることができます。
詳しくはこちら公式HPがわかりやすいです。

ビエール瀧さん出演回は3/17以降、第4-10回のみ動画配信停止予定です。

「いだてん」の再放送や見逃し動画を見る方法はここまでで1分以内で理解できたと思いますが、
ここからは「いだてん」再放送、総集編を見る方法やあらすじを知る方法、見逃し動画、無料視聴の方法を詳しく紹介します。

 

本ページの情報は2019年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

NHK大河ドラマ「いだてん」はどんなドラマ

見逃した方や「いだてん」を初めて知る人のためにまずは「いだてん」がどんなドラマか紹介します。

NHK大河ドラマ「いだてん」はいつから放送開始

放送局:NHK

放送開始:2019年1月6日(日)

NHK大河ドラマ「いだてん」の放送時間は何時から

NHK通常放送

日曜日の夜8時からNHKで放送されます。

 

事前に放送されるBSプレミアムの放送時間

BSプレミアムの放送は日曜日の午後6時からです。

 

事前に放送されるBS4Kの放送時間

BS4Kの放送は日曜日の午前9時からです。

実はBS4Kが一番早く放送しています。twitterなどで早めにあらすじをつぶやいている人はBS4Kを見ている人ですね。

気になるBS4KとBSプレミアムの視聴方法は、自宅にBSアンテナとBS対応のテレビがあれば見ることができます(NHKとの衛星契約が必要になります。)。NHKのBS4K公式ページでも紹介されてます。ケーブルテレビなどの場合も対応している場合が多いです。

 

NHK大河ドラマ「いだてん」の再放送時間は何時から

NHK大河ドラマ「いだてん」の再放送(通常)

通常放送の次の土曜日の午後1時5分からNHKで放送されます。

 

BS4Kでの再放送時間

BS4Kで次の日曜日の午前8時からです。

NHK大河ドラマ「いだてん」の総集編

「いだてん」の前半のハイライト(総集編)は2019年3月9日24時10分からNHK総合で放送です。

NHK大河ドラマ「いだてん」のキャストは誰

出演者:中村勘九郎 阿部サダヲ 役所広司 綾瀬はるか 生田斗真 杉咲花 竹野内豊 ビートたけし 神木隆之介 峯田和伸 川栄李奈 森山未來 松尾スズキ 星野源

ピエール瀧さん出演回の配信停止

ビエール瀧さん出演回は3/17以降、第4-10回のみ停止予定です。

NHK大河ドラマ「いだてん」の脚本は誰

脚本:宮藤官九郎

 

NHK大河ドラマ「いだてん」の主題歌は誰

主題歌:大友良英さんが作ったオープニングテーマ

オープニングテーマの発売日は未定です。

 

NHK大河ドラマ「いだてん」のあらすじ

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」のあらすじは「東京オリンピック」までの軌跡。

あまちゃんに続くクドカンの新作大河ドラマは「東京とオリンピックの物語」です。あらすじは「東京オリンピック」開催までの「東京とオリンピック」について描かれてます。

いだてんの第1話「夜明け前」

1959年、五輪招致目前の東京。落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は日本橋を通り寄席に向かっていた。高座で志ん生が語りだしたのは、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)。1909年、柔道の創始者、嘉納治五郎(役所広司)はストックホルム大会を目指して悪戦苦闘していた。スポーツという言葉すら知られていない時代。初めての派遣選手をどう選ぶか。日本オリンピック史の1ページ目を飾る物語。

いだてんの第2話「坊っちゃん」

テレビ寄席で志ん生(ビートたけし)が語るのは、日本初のオリンピック選手、金栗四三(中村勘九郎)の知られざる熊本での少年時代。学校往復12kmを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服した四三。軍人に憧れ海軍兵学校を受けるも不合格に。身体を鍛えても無駄と落ち込む四三だが、幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)に励まされ、嘉納治五郎(役所広司)が校長を務める東京高等師範学校への進学を決意する。運命の出会いが近づく。

いだてんの第3話「冒険世界」

家族の期待を一身に背負って上京した四三(中村勘九郎)だったが、高等師範学校での寮生活になじめない。夏休みの帰省では、スヤ(綾瀬はるか)の見合いがあると聞かされる。傷心で東京に戻った四三は偶然、三島弥彦(生田斗真)らの天狗(てんぐ)倶楽部による奇妙な運動会を目にする。一方、不良青年・美濃部孝蔵(森山未來)も落語にのめり込もうとしていた。のちの名人、古今亭志ん生(ビートたけし)の第一歩が踏み出される。

いだてんの第4話「小便小僧」

高師の長距離走大会で3位となった四三(中村勘九郎)。表彰式で憧れの嘉納治五郎(役所広司)に声をかけられてさらに発奮し、無茶な練習を敢行する。そのころの嘉納は日本初のオリンピック予選開催を前に山積する難題に頭を抱えていた。頼みの綱の三島弥彦(生田斗真)も当てにならない。志ん生(ビートたけし)は嘉納の苦労を弟子の五りん(神木隆之介)に語るうちに酒を飲んでしまい、そのまま高座へ…。

いだてんの第5話「雨ニモマケズ」

高座に上がった志ん生(ビートたけし)は、突然オリンピックの噺(はなし)を始める。時は明治44年、オリンピック参加選手を決める羽田の予選会。全国から来た健脚の学生たちに刺激を受け、審査員だった三島弥彦(生田斗真)は急きょ短距離走に参戦。一方、金栗四三(中村勘九郎)は、およそ40kmを走るマラソンに初めて挑む。ライバルたちとの激しいデッドヒート。憧れの嘉納治五郎(役所広司)の待つゴールを目指す!

いだてんの第6話「お江戸日本橋」

予選会での四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)の快走に喜ぶ治五郎(役所広司)だったがオリンピックへの派遣費用がばく大で頭を抱える。さらに四三は負ければ腹切りかと恐縮し、弥彦は進路を考えたいと出場を断る。そんな二人に治五郎は「黎(れい)明の鐘」になれと熱弁。その頃、若き日の志ん生である孝蔵(森山未來)も師匠・橘家円喬(松尾スズキ)に落語は足で覚えるものだと教わり、日本橋界隈(わい)をひた走る。

いだてんの第7話「おかしな二人」

治五郎(役所広司)の口車にのせられて自費で渡航費を用意しなければならない四三(中村勘九郎)は、兄・実次(中村獅童)に藁(わら)にもすがる気持ちで援助を求める手紙を出す。いよいよオリンピックのエントリーフォームに名を連ねる四三と弥彦(生田斗真)。弥彦の豪邸で洋風のマナーを学びながら、四三は、三島家の冷めた親子関係を感じ取る。いっこうに兄からの便りがなく困り果てる四三。そんな時、目の前に現れたのは―。

いだてんの第8話「敵は幾千」

大金を携えて上京してきた兄・実次(中村獅童)から、スヤ(綾瀬はるか)の働きかけで資金を得られたと知る四三(中村勘九郎)。スヤと野山を駆けていた自分が、オリンピックのために海を渡る不思議さを感じつつ、兄に一生懸命戦う事を誓う。四三の壮行会が開かれるころ、スヤは熊本で嫁入りをする。大勢の人々の「敵は幾万」の歌に送られ、出発する四三と弥彦(生田斗真)。まさに汽車が動こうとした時、弥彦の名を叫ぶ声が―

いだてんの第9話「さらばシベリア鉄道」

確認中

いだてんの第10話「真夏の夜の夢」

確認中

引用:いだてんのあらすじ(U-NEXT)

いだてん公式ページあらすじ

本ページの情報は2019年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

NHK大河ドラマ『いだてん』の音楽

NHK大河ドラマ『いだてん』の音楽はあまちゃんを担当した大友良英さんが担当します。

 

NHK大河ドラマ『いだてん』の語り

NHK大河ドラマ『いだてん』の語りはビートたけしさんが担当します。

 

NHK大河ドラマ『いだてん』の出演者に星野源さん

NHK大河ドラマ『いだてん』の出演者に星野源さんが決まりました。

星野源登場回

星野源さんは第一話に登場します。第二部の後半に登場予定です。

 

NHK大河ドラマ『いだてん』の見逃し動画

NHK大河ドラマ『いだてん』の見逃し動画は以下から見る事ができます。

いだてんの見逃し動画を見る

 

NHK大河ドラマ『いだてん』のホームページ

『いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~』
日本で初めてオリンピックに参加した男”・金栗四三と、“日本にオリンピックを招致した男”・田畑政治。この2人がいなければ、日本のオリンピックはなかった。1964年 東京オリンピックが実現するまでの日本人の“泣き笑い”が刻まれた激動の半世紀を、豪華キャストで描きます!

あまちゃんに続くNHK2作目は大河ドラマ

クドカンさんのNHKのドラマといえば朝の連続ドラマ小説の「あまちゃん(2013年)」です。視聴者がドラマの楽しさ思い出す事ができ国民的なブームとなりました。「あまちゃん」をきっかけに若者世代もNHKの朝の連ドラを見るようになりました。

今回はあまちゃんに続くNHK2作目。そして、ついにクドカン脚本の大河ドラマです。

 

オリンピックと共に明治から昭和までの時代を描く

1912年(明治45年)のオリンピック初参加から1964年(昭和39年)までの間の52年間は日本の文化がめまぐるしく変わった激動の時代でした。

明治の後期から昭和の中盤までの間にオリンピックの歴史と共に東京という街も変化しました。明治には汽車が主流であった鉄道も1964年には日本で初めて東海道新幹線が走るようになったように人々の生活も大きく変わりました。

 

「いだてん」のあらすじの元となる時代背景

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」のあらすじの元となる時代背景を紹介します。

日本初のオリンピック参加

日本初のオリンピックの参加。私達の知るオリンピックとは全く別のオリンピックがそこにはありました。日本初のオリンピック参加、その始まりは明治という時代を感じるものでした。

 

それは1通のメッセージから始まった

1909年(明治43年)に東京高等師範学校(現筑波大学の前身)の嘉納治五郎校長(当時)の元にあるメッセージが届けられました。そのメッセージは国際オリンピック委員会(IOC)会長のピエール・ド・クーベルタン男爵からのオリンピック参加の依頼だったのです。

 

ついにアジア初のIOC(国際オリンピック委員会)委員

1909年(明治43年)5月にベルリンで行われたIOC総会でグーベルタン男爵は嘉納治五郎校長をIOC委員として推薦しました。総会で承認を受けここにアジア初のIOC委員が誕生することになるのです!

嘉納治五郎校長はオリンピック参加を通して、諸外国との交流を深め、各種スポーツの奨励、国民体力の増強と健全な精神の育成を図ることをオリンピック参加の中に求めたとされています。

 

体育協会がなかった

当時日本国内ではオリンピックについて知られておらず。現在のようなプロ野球やJリーグなどはなく、スポーツの協会自体もありませんでした。嘉納治五郎校長はスポーツマニア(見識者)や詳しい人達と意見交換し、1911年7月に大日本体育協会の設立に至りました。

 

日本初のオリンピック予選会

日本初のオリンピックの予選会には91人が参加しました。現在では考えられない少人数ですが当時のオリンピックの認知度がよくわかる数字です。

オリンピック予選会の熱戦の結果、100、400、800メートルを制した三島弥彦選手(東京大学)、25マイルのマラソンで好記録を出した金栗四三選手(東京高等師範学校)の2人が日本初のオリンピック代表選手に選ばれました。